日本語

海外在住者および軍人の投票

1986年軍人および海外在住者の不在者投票法 (UOCAVA)は、軍属(現役勤務)メンバー、商船の乗組員、および選挙資格のあるその扶養家族、公衆衛生局将校、米国海洋大気庁将校、および海外在住の米国市民の投票権を保護します。

軍隊および海外の投票プロジェクト

軍人および海外投票者

UOCAVAにより、州および準州には、不在投票手順を利用して、これらの市民が連邦公職者の選挙に登録し投票できるようにすることが義務づけられています。詳細は、下記のリンクをご覧ください(英語のみ)。

日本語
 
Close